なぜ人は変化することを避けるのか?

人は新しい事を始めたり、習慣化したりしても、
気が進まなかったり、習慣化出来なかったりします。

これにはちゃんとした理由があります。

潜在意識は
「自分自身の身を守る為に安全な場に身を置こうとする」
という特性があります。

例えば、これを読んでいる方はまだ、
自分がやっているようなコーチングを受けた経験が無い方だとします。

そして、この記事を読んでいるということは今生きているはずです。

潜在意識は物事の良し悪しの判断は出来ません。

潜在意識を変化させるコーチングを受けて前に進むということはまだ未経験だとすると、
それを経験している状態は未知な状態になる訳です。

その未知の状態が安全なのかどうかが分からないので、

「今生きているこの状態を維持しよう」
と判断してしまう為、未知のものに飛び込むというのは恐怖や不安を感じるものなのです。

それを感じているということ自体、
あなたの脳は正常に働いている証拠ですのでご安心を。(^^)

逆に不安が無いからと言って「おかしい」という訳ではありません。

不安を感じない人は逆に
「新しい世界に飛び込んでいくことが楽しいこと、大事なこと」
という経験をしている可能性が高いです。

ABOUTこの記事をかいた人

八坂亮介(やさか・りょうすけ) 株式会社Net Palace8 代表取締役 一般社団法人絶対達成社長の会 初代代表理事 トランスフォーメショナルコーチ®︎ 「人に影響を与える潜在意識にダイレクトにアプローチをする心理手法」を世界的権威の元で学び、自分と同じ苦労をしがちな経営層に向けてメンタルのコーチングを開始。 1対1のセッションにより、ロジカルに体系化されたメソッドを使用し、クライアントが「何故現状の状態にいるのか?何故望む状態にしないのか?」のメンタルブロックを見付け、解決することで望む状態にいするサポートを行う。 また、一般社団法人絶対達成社長の会の初代代表理事として、10数人で始まった会を、約2年半で500人強もの会員を擁する有名マンモス会に育て上げた。会をまとめあげる過程の中で、規模・業種を問わず、多くの経営層と信頼関係を築き、絶大な支持を得ている。 現在はメンタルコーチとして、千葉市を中心に千葉、東京で活動中。