潜在意識・顕在意識が与える行動への影響について

この記事は自分たちの行動を制御している2つの意識(顕在意識と潜在意識)と行動との関係について解説をしている記事です。

顕在意識と潜在意識

私たち人間の行動というのは、自身の「意識」によってコントロールされていますが、この意識には2種類あります。1つ目は「顕在意識」、2つ目は「潜在意識」と呼ばれるものです。

顕在意識と潜在意識という言葉はご存知かもしれませんが、改めて解説したいと思います。

顕在意識と潜在意識の違いについて、氷山のイメージを使って解説します。

陸や海上から氷山を見ると、水上に出ている部分しか見えません。ですが、実際の氷山全体は水面上に出ている部分よりも遥かに大きな氷で、水中に隠れています。顕在意識と潜在意識の関係も氷山と似ていて、自分が気付いている部分と自分が気付いていない部分とがあります。この自分が気付いている部分が「顕在意識」、気付いていない部分が「潜在意識」になります。

顕在意識と潜在意識

「顕在意識」と「潜在意識」には様々な違いがあります。その違いを表に纏めてみました。

顕在意識 潜在意識
顕在意識とは、普段自分が意識することが出来る意識で、物事を考えたり、感じたりする役割があります。自分の意識がはっきりしている状態の時に活動する意識です。人間の行動を制御する意識全体のうち、顕在意識が占める割合は1割以下と言われています。
氷山の図で言うと、水面から上に出ていて見えている部分になります。
説明 潜在意識とは、普段自分が意識することが出来ない意識です。潜在意識は過去に体験したことの情報を蓄積しています。人間の行動を制御する意識全体のうち、潜在意識が占める割合は9割以上と言われています。潜在意識に伝わる情報は顕在意識の五感を通して伝わります。
氷山の図で言うと、水中にあり見えていない部分になります。
何かを考えて、その考えに基づき直接行動を制御(行動させたりさせなかったり)する。 行動との関係 価値観を持ち、その価値観で行動を制御(行動させたりさせなかったり)する。
顕在意識は目が覚めていて、意識がはっきりしている状態の時に動きます。五感から伝わってくる情報であったり、何かを考えたり、感じたりしているのは顕在意識です。何かを食べたい、何かをしたい、というような欲求も顕在意識が働いて感じるものです。 役割 潜在意識は物事の良し悪しの判断や好き嫌い等の感情と無関係に情報を蓄積していきます。その蓄積した情報を使って自身の価値観を作ります。
 また、潜在意識は自身の身を守る為に安全な状態に置こうとします。現在の状態というのは自身が生きていられる安全状態と言えますから、潜在意識は変化した後の状態が安全かどうかが分からない為、変化することを避けようとします。
・自分で考えて行動出来る
・通常状態では潜在意識より先に動く
特徴 ・現実とイメージの区別が無い
・価値観を持っている。
・変化することを避ける
意識がはっきりしている時 活動時間 休息無く、常に動いている

 

 

潜在意識の3つの大きな特徴

潜在意識には

  • 自分自身、物事に対する価値観を持っている
  • 変化することを避ける
  • 現実とイメージの区別が無い

という3つの大きな特徴があります。この特徴について解説していきます。

特徴1:自分自身、物事に対する価値観を持っている

 潜在意識は過去に経験したことを情報として蓄積し、その情報を元に

  • 「私は○○が出来る人だ」
  • 「私は○○が出来ない人だ」
  • 「私はこういう人だ」

というような「価値観」というものを作ります。その価値観というのは物事を最初に体験した時(一次体験と呼びます)に作ります。

潜在意識が価値観を作る流れ

一度作った価値観はなかなか変わりません。その理由は次の特徴2で解説します。

特徴2:変化することを避ける

 人間の意識は大前提として、自分を生かそうとします。生きる為には危険を避けて、安全を求めます。今その人が置かれて居る状態(様々な価値観に基づいて行動している状態)はその人が生きて居る「安全な状態」と言えます。そこから「変化する」ということは潜在意識にとっては安全かどうかが分かりません。その為、潜在意識は一度作った価値観から変わるということを避ける傾向があります。

特徴3:現実とイメージの区別が無い

 例えば「自分は爽やかな草原でのんびり寝っ転がって居る」という状態を想像してみて下さい。気持ちよくなったりしませんか?

何故実際は都会にいるのに、想像するだけで草原の気持ち良さを感じたりするのでしょうか?
これがまさに、現実とイメージの区別が無く、人間の感情や汗を出すというような働きに作用している為です。これこそ自分が意識していないですが、日常で多く起きて居ると思います。

顕在意識と潜在意識が行動に及ぼす影響について

 人間の行動は意識がコントロールしています。意識全体のうち、顕在意識が1割以下、潜在意識が9割以上を占める為、潜在意識の価値観は行動に大きな影響を与えます。その為、顕在意識、潜在意識がどう思っているかによって、行動について以下のパターンの状況が発生します。

パターン1:顕在意識と潜在意識がどちらも「やりたい・出来る」と思っている

顕在意識と潜在意識がどちらも「やりたい・出来る」と思っている状態

顕在意識が「やりたい」と思っていて、潜在意識が「やりたい・出来る」と思っている状態です。
顕在意識と潜在意識が向いている方向が一致していると、ストレスなく行動に移すことが出来、望む結果を得られます。例えば食後の歯磨きのように習慣化されているものはここに入ります。

パターン2:顕在意識が「やらない、やりたくない」と思っている

顕在意識が「やらない、やりたくない」と思っている状態

顕在意識が「やらない」という意識があるとき、潜在意識が「好き」「嫌い」どう思ってようが対象の物事は行動に移されません。

パターン3:顕在意識が「やりたい」、潜在意識が「やりたくない・出来ない」と思っている

顕在意識が「やりたい」、潜在意識が「やりたくない・出来ない」と思っている状態

顕在意識が「やりたい」と思っていて、潜在意識が「やりたくない・出来ない」と思っている状態です。
顕在意識と潜在意識が向いている方向が一致していないと、なかなか行動に移せなかったり、行動したとしてもストレスを感じて続かなかったり、という状態になります。

この顕在意識と潜在意識が向いている方向が一致していない、不一致の状態についてもう少し詳しく説明します。

 

顕在意識と潜在意識が向いている方向が違い、達成出来ない状態

 顕在意識が「やりたい・やらなくてはいけない」と思っているにも関わらず、潜在意識が「やりたくない・出来ない」と思っていることがあります。何故顕在意識が「やりたい」と思っていることが出来ないのか?を解説します。

 意識全体のうち、顕在意識の割合は1割以下、潜在意識の割合は9割以上を占めています。
その為、顕在意識で思ったことと逆のことを潜在意識が思って居ると、どうしても割合が大きい潜在意識の価値観による行動が勝ってしまいます。
上の例で言うと
・ストレスを感じながら、スイーツを我慢して野菜を食べる。
・我慢が出来なくなり、スイーツを食べてしまう。
という状況になります。

この状況を図示すると、下図のようになります。

潜在意識が顕在意識の意欲を打ち消している状態1

顕在意識が「私は好きなスイーツを我慢して、その代わりに嫌いだった野菜を食べよう」という意志を貫くのに1000というパワー(上の図の青い部分の面積)が必要だとします。それに対して潜在意識がマイナス方向に「やりたくない・出来ない」というパワーをかけてしまうと、マイナス分が相殺されて、意志が貫けなくなってしまいます。

潜在意識が顕在意識の意志を打ち消すような方向を向いている状態でその意志を貫くには、ストレスが掛かるくらいの力を入れる必要があります。この状態を維持して意志を貫こうとする為、自分が苦手、出来ないというものを克服するのは非常に難しくなります。

潜在意識が顕在意識の意欲を打ち消している状態2

苦手と思っていたり、思うようにうまくいかない、という状態は顕在意識と潜在意識が違う方向を向いてしまっているからです。

では、潜在意識を顕在意識と同じ方向を向くように変化させるにはどうすればいいか?
というのを別の記事に纏めました。

関連記事:
行動に大きな影響を与える潜在意識を変化させる方法

この記事のポイント

  • 人間の行動を制御している意識には「顕在意識」と「潜在意識」の2つの意識がある
  • 顕在意識は自分たちが普段認識している意識、潜在意識は自分たちが通常認識できない意識
  • 顕在意識と潜在意識が同じ方向を向いていると(一致している状態)、スムーズに行動に移せる
  • 顕在意識と潜在意識が違う方向を向いていると(不一致の状態)、なかなか行動に移せなかったり、行動してもストレスを感じる
  • 顕在意識と潜在意識が違う方向を向いている状態(不一致の状態)では、何かを達成させるのに大きなストレスがかかる

■ メルマガ【Future Design Method】登録フォーム
毎週2回、心理技術を使って望む未来を作るヒントを配信しています。是非、ご登録ください。


   

※最近一部のGmailを使っている読者様から「Gmailでメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことが多い」というお話を伺いましたので、対処法の案内を作りました。
Gmailでメルマガが迷惑メールフォルダに入ってしまう場合の対処法

ABOUTこの記事をかいた人

八坂亮介(やさか・りょうすけ) 株式会社Net Palace8 代表取締役 一般社団法人絶対達成社長の会 初代代表理事 トランスフォーメショナルコーチ®︎ 「人に影響を与える潜在意識にダイレクトにアプローチをする心理手法」を世界的権威の元で学び、自分と同じ苦労をしがちな経営層に向けてメンタルのコーチングを開始。 1対1のセッションにより、ロジカルに体系化されたメソッドを使用し、クライアントが「何故現状の状態にいるのか?何故望む状態にしないのか?」のメンタルブロックを見付け、解決することで望む状態にいするサポートを行う。 また、一般社団法人絶対達成社長の会の初代代表理事として、10数人で始まった会を、約2年半で500人強もの会員を擁する有名マンモス会に育て上げた。会をまとめあげる過程の中で、規模・業種を問わず、多くの経営層と信頼関係を築き、絶大な支持を得ている。 現在はメンタルコーチとして、千葉市を中心に千葉、東京で活動中。