使っている言葉の前提に何があるか?

普段、何気なく発している言葉にはどのような前提があるのか?考えたことはありますか?

自分がコーチングのトレーニングを積んでいる時に一番鍛えたのは
「耳」
だと思っています。

単に相手が言った言葉を聞き取るのではなく、

「その言葉の背景に何があるのか?」
「この言葉を使うということは、こういう信じ込みがあるのでは?」

というのを聞き取る事が出来ます。

それが出来るからこそ、
クライアントの潜在意識に何があり、何故うまくいかせていないのか?

の原因が分かります。

例えば
・仕事が出来るようになりたい
・仕事が「もっと」出来るようになりたい

この2つの言葉の表面的な違いは「もっと」という言葉があるかどうかだけです。

ですが、この2つの言葉にある前提は真逆のものになります。

「仕事が出来るようになりたい」
という言葉には

「自分は仕事が出来ない」

という前提があります。

仕事が出来ないから「仕事が出来るようになりたい」と思う訳です。

逆に
「仕事がもっと出来るようになりたい」
という言葉には

「自分は仕事が出来る」

という前提があります。
仕事が出来ているけれども、「もっと」仕事が出来るようになりたいと思う訳です。

表面的な違いはほんの僅かですが、
その言葉の前提は全く違います。

普段使っている言葉にはその人のセルフイメージが隠されています。

(※セルフイメージについては
 https://futuredesigner.jp/coaching_blog/blog_about_selfimage/
 こちらに纏めてあります)

普段使う言葉を意識して、
自分はどういうセルフイメージを持っているか?を気にしてみましょう。

※この記事は2018年8月9日に配信したメルマガの内容を少し修正したものになります。
 

■ メルマガ【Future Design Method】登録フォーム
毎週2回、心理技術を使って望む未来を作るヒントを配信しています。是非、ご登録ください。


   

※最近一部のGmailを使っている読者様から「Gmailでメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことが多い」というお話を伺いましたので、対処法の案内を作りました。
Gmailでメルマガが迷惑メールフォルダに入ってしまう場合の対処法

八坂亮介(やさか・りょうすけ)
株式会社Net Palace8 代表取締役
一般社団法人絶対達成社長の会 初代代表理事
トランスフォーメショナルコーチ®︎

「人に影響を与える潜在意識にダイレクトにアプローチをする心理手法」を世界的権威の元で学び、自分と同じ苦労をしがちな経営層に向けてメンタルのコーチングを開始。
1対1のセッションにより、ロジカルに体系化されたメソッドを使用し、クライアントが「何故現状の状態にいるのか?何故望む状態にしないのか?」のメンタルブロックを見付け、解決することで望む状態にいするサポートを行う。

また、一般社団法人絶対達成社長の会の初代代表理事として、10数人で始まった会を、約2年半で500人強もの会員を擁する有名マンモス会に育て上げた。会をまとめあげる過程の中で、規模・業種を問わず、多くの経営層と信頼関係を築き、絶大な支持を得ている。

現在はメンタルコーチとして、千葉市を中心に千葉、東京で活動中。

ABOUTこの記事をかいた人

八坂亮介(やさか・りょうすけ) 株式会社Net Palace8 代表取締役 一般社団法人絶対達成社長の会 初代代表理事 トランスフォーメショナルコーチ®︎ 「人に影響を与える潜在意識にダイレクトにアプローチをする心理手法」を世界的権威の元で学び、自分と同じ苦労をしがちな経営層に向けてメンタルのコーチングを開始。 1対1のセッションにより、ロジカルに体系化されたメソッドを使用し、クライアントが「何故現状の状態にいるのか?何故望む状態にしないのか?」のメンタルブロックを見付け、解決することで望む状態にいするサポートを行う。 また、一般社団法人絶対達成社長の会の初代代表理事として、10数人で始まった会を、約2年半で500人強もの会員を擁する有名マンモス会に育て上げた。会をまとめあげる過程の中で、規模・業種を問わず、多くの経営層と信頼関係を築き、絶大な支持を得ている。 現在はメンタルコーチとして、千葉市を中心に千葉、東京で活動中。