トランスフォーメショナルコーチとは

トランスフォーメショナルコーチングは、従来型コーチングの原則である「傾聴」を否定し、「介入」を重視します。
コーチはクライアントの問題に介入することによって、コーチ自身が当事者として主体的にクライアントの問題を解決していくことができるのです。

トランスフォーメショナルコーチの5つの特徴

1.コーチが積極的に問題を解決出来る

トランスフォーメーショナルコーチングでは、従来型コーチングのように、その効果をクライアントの状態や力に委ねることはありません。コーチ自らが積極的・主体的にクライアントの問題に「介入」することで、問題解決に強くコミットすることができます。

2.短期間で劇的にクライアントを変えられる

従来型のコーチングでは、時間をかけてクライアント自らが答えに気づき、変化するのを根気強く待つ必要がありました。しかし、トランスフォーメーショナルコーチングでは、積極的な介入により、たった1回のセッションでクライアントの人生を劇的に変化させることも可能になります。

3.原因も手法も論理的にすべて説明できる

トランスフォーメーショナルコーチは、コーチングの効果を完全にコントロールできます。「今回はなぜかうまくいった」「あの人には効果が出たのに、この人には通用しない」という曖昧な部分は一切ありません。効果をもたらした原因も手法も論理的にすべて説明できるため、きわめて再現性が高い技法となります。

4.心の病を持った人にも効果がある

従来型コーチングでは、心に病を抱えた人は対象にできませんでした。傾聴ベースのコーチングでは、クライアントが弱っている状態では効果が出せなかったのです。しかしトランスフォーメーショナルコーチで効果を発揮するためには、クライアントの状態は一切関係ありません。心の病を抱えた人であろうと、どんな相手にも高い効果が期待できるのが、トランスフォーメーショナルコーチングなのです。

5.前提や背景から根本的に変化させる

従来型コーチングは、表面的な考え方や行動にフォーカスし、考え方や行動を変えるところからセッションが始まります。ところが、いくら表面的な考え方や行動を変えたところで、クライアントが抱える問題を引き起こしている前提や背景が変わらなければ、すぐに元の状態に戻ってしまうのです。 これに対してトランスフォーメーショナルコーチングでは、クライアントのセルフイメージやあり方、「なぜ、クライアントはその問題を引き起こしているのか?」という背景や前提にフォーカスし、変えていくメソッドです。そのため、たった1度のセッションで根本的にクライアントの問題を改善し、劇的な変化を生むことができるのです。

トランスフォーメショナルコーチングによる個人セッションはこちらのページよりお申込み下さい。

引用元文章:Copyright © 2015 トランスフォームマネジメント株式会社 All Rights Reserved