日常生活に支障が出るトラウマがあった方からの感想

あるトラウマがあった方のカウンセリングをさせて頂きました。
1回のカウンセリングで症状が改善した為、感想をお願いしましたところ快諾していただきました。(感謝)

クライアント名:Y.H(20代女性)
職業:会社員

Q:コーチングを受ける前、どういうことに悩んでいましたか?
A:
休日に出掛けている最中に、通勤路で起きた交通事故の瞬間をみたことがきっかけで、パニックを起こしました。
その後、事故の瞬間のフラシュバックがあり、職場へ出社するのが億劫になった。(出社するには、交通事故現場を必ず、通らないといけなかった。)
体調面では、交通事故目撃後から数週間、発熱していた。

通勤手段:自転車

Q:コーチングを受けた後の変化、感想を教えてください:
A:
今回自身の身に起きた出来事(交通事故目撃)をネガティブな出来事だと認識していたが、たった30分で、ポジティブな出来事だと認識できるようになった。

・自分次第でどうにだって変わることができることを実感した。
・日常生活ができるようになった。(自転車に乗り、出社できるようになった。)
・通勤路での景色を楽しむ余裕ができた。
・起きた出来事が、自分の人生において「学び」の出来事だったと認識できた。
・事故現場を通っても思い出さなくなった。(フラッシュバックが消えた。)

Q:何か一言
A:
何度も繰り返すカウンセリングは必要ない、たった1回、たった3分、たった30分で、人は変われることを、体験、体感し、清々しい気分に浸っています。
時には、時間が解決してくれることもありますが、自身の意識変換などで、ここまで変化できるのはすごいです。
カウンセリング最強です。ありがとうございました。


カウンセリング終盤では本当にポジティブな発言が出てくるようになったので「大丈夫だろう」と思っていましたが、念の為後日連絡させて頂いたところ、問題なく日常生活が送れているとのことで安心しました。(^^)

ABOUTこの記事をかいた人

八坂亮介(やさか・りょうすけ) 株式会社Net Palace8 代表取締役 一般社団法人絶対達成社長の会 初代代表理事 トランスフォーメショナルコーチ®︎ 「人に影響を与える潜在意識にダイレクトにアプローチをする心理手法」を世界的権威の元で学び、自分と同じ苦労をしがちな経営層に向けてメンタルのコーチングを開始。 1対1のセッションにより、ロジカルに体系化されたメソッドを使用し、クライアントが「何故現状の状態にいるのか?何故望む状態にしないのか?」のメンタルブロックを見付け、解決することで望む状態にいするサポートを行う。 また、一般社団法人絶対達成社長の会の初代代表理事として、10数人で始まった会を、約2年半で500人強もの会員を擁する有名マンモス会に育て上げた。会をまとめあげる過程の中で、規模・業種を問わず、多くの経営層と信頼関係を築き、絶大な支持を得ている。 現在はメンタルコーチとして、千葉市を中心に千葉、東京で活動中。