統合失調症だった方

統合失調症の症状があり、障害者手帳を持っていた方に3ヶ月のコースを受けて頂きました。

クライアント名:T.N(30代男性)

Q:コーチングを受ける前、どういうことに悩んでいましたか?
A:
意志が弱く、精神病からなかなか抜け出せないで依存していた。

Q:コーチングを受けた後の変化、感想を教えてください:
A:
精神病から抜け出せないのは、メリットを感じていたからであったことに気づいた。


カウンセリングを受け始めた頃は統合失調症で障害者手帳を持っており、定期的に精神病で通院し投薬治療を受けていました。

障害者手帳を持っている方の場合、症状が改善して障害者手帳を返納する必要が出てくると
「手当がもらえなくなり、収入が減る」
という明らかなデメリットがあります。

その為、まずはどのような形でその分の収入を増やすか?ということを一緒に考えてサポートしていきました。

合わせて薬の依存から抜ける為に医師に
「薬の量を減らしたいと相談してください。もし医師が協力してくれないのであれば病院を変えることを検討して欲しい」
というお願いをしました。
クライアントさんが通っていた病院の医師は協力的であった為、薬を減らしたいという要求に応えてくださいました。

結果、3ヶ月経過した時はまだ通院はしていたものの、症状が出なくなった為自分のセッションは終了。
その後、SNSで活発に動いている様子も見れていたので連絡したところ、
「もう薬は飲んで無い」
とのことで完全に症状が改善したようでした。

本当に良かったです。(^^)

ABOUTこの記事をかいた人

八坂亮介(やさか・りょうすけ) 株式会社Net Palace8 代表取締役 一般社団法人絶対達成社長の会 初代代表理事 トランスフォーメショナルコーチ®︎ 「人に影響を与える潜在意識にダイレクトにアプローチをする心理手法」を世界的権威の元で学び、自分と同じ苦労をしがちな経営層に向けてメンタルのコーチングを開始。 1対1のセッションにより、ロジカルに体系化されたメソッドを使用し、クライアントが「何故現状の状態にいるのか?何故望む状態にしないのか?」のメンタルブロックを見付け、解決することで望む状態にいするサポートを行う。 また、一般社団法人絶対達成社長の会の初代代表理事として、10数人で始まった会を、約2年半で500人強もの会員を擁する有名マンモス会に育て上げた。会をまとめあげる過程の中で、規模・業種を問わず、多くの経営層と信頼関係を築き、絶大な支持を得ている。 現在はメンタルコーチとして、千葉市を中心に千葉、東京で活動中。